注文住宅

館山の家 ─ともに時を刻む週末住宅─/鈴木理巳建築計画所

地域
館山市
特徴
週末住宅

館山の家 ─ともに時を刻む週末住宅─/鈴木理巳建築計画所

館山の家 ─ともに時を刻む週末住宅─/鈴木理巳建築計画所

館山の家 ─ともに時を刻む週末住宅─/鈴木理巳建築計画所

館山の家 ─ともに時を刻む週末住宅─/鈴木理巳建築計画所

館山の家 ─ともに時を刻む週末住宅─/鈴木理巳建築計画所

概要

設計の趣旨

都内に住む、停年を迎えたご夫妻の週末住宅として計画されたものです。
(1)年金生活に入るため費用は最小限度でおさえたい。
(2)落ち着いた和風のイメージ。
(3)周囲は緑、自然があふれる風光明媚な土地なのでそこに相応しい外観。
(4)田舎暮らしに必要な生活用品が収まる地下室・収納を設ける。
が依頼主からの要望で、土地探しから協同作業をしていた(2軒目の設計依頼という)こともあり細部についてはお任せを頂いて設計にかかりました。
地元の良心的な工務店とめぐり合うという幸運にも恵まれ依頼主も満足至極の様子です。

依頼主のコメント

庭にいると通りがかりの人が何人も「お宅はこの辺にない洒落た家だね」と言ってくれるのでうれしくなります。
設計は以前、都内の自宅も設計をしてもらっていたので細かい注文は言いませんでしたが、年金生活者になるので工事予算だけはキチンと守ってもらうようお願いしました。
土地を探すときから無理を言って一緒にあちこちを見てもらっていたので安心して設計を頼むことが出来、本当に良かったと思っています。
こんな遠くなのに工事中は東京の事務所から現場へ足繁く通ってもらい満足のいく週末住宅が出来たと感謝しています。

竣工 2005年5月
所在地 千葉県館山市
敷地面積 922.11m²
延床面積 74.07m²
家族構成 2人(夫婦)
竣工時期 2008年
写真 野口写真事務所・野口毅
転載元のURL http://www.suzuki-archi.jp/portfolio/01/29.html

(著作権者の許諾を得て転載)

   
鈴木理巳建築計画所

科学文明の進化によって得た多くのものの陰で失ったものも少なくありません。進化こそが豊かな暮らしを担保してくれるものだと信じられてきた結果、いつの時代も効率と経済性が最優先されてきました。

家づくりもこの経済至上主義の文脈で捉えられているように思います。家は創るものではなく買うもの、というのもそのひとつです。その是非はともかく建築家による家づくりは、効率や経済性だけに振り回されず自分に相応しい豊かな楽しい暮らしの居場所を手に入れる一つの方法です。