ゆま空間設計

設計事務所

住宅の設計に際してはまず、その場所を読みとることに気を配ります。
大事なのは光の入り具合や、風の流れ、その場所から広がっている風景など、場所の個性を把握することです。家の気密性を高めて人口的な室内環境をつくるという方法もありますが、自然の光や風の流れで過ごしやすいことが一番の贅沢ですし、快適な家づくりの秘訣です。そしてその場所の風景にふさわしい家が建つのがいいと考えています。

つくるときはできるだけ自然素材を使い、シックハウスやアトピーなど生じない、健康的な住まいとしたいものです。ビニルクロスと新建材でもホルムアルデヒドの発生しない家はできるようになりましたが、かなりの量の合成化学物質を使っていることに変わりはありません。人体や環境に与える影響がどれだけあるかは分からないのです。自然の力で再生産できる材料でつくる持続可能な家づくりが理想です。ただし純粋に自然素材だけを使うとなると耐久性やコストの問題が生じてきます。実用性からも判断して、最も相応しい材料を選択していくことが大切だと思います。

コンセプトいまひとつは私が長年テーマとしてきたバリアフリーの住まいづくりです。人は長い一生のうちで様々な身体的状態を経験します。赤ちゃんは寝た切りの高齢者と身体の事情は似ています。健康なひとでも、いつ怪我をしたり、病気になったりするかはわかりません。高齢の家族が増えることもあります。家はしっかりと丈夫につくり、長く住むものです。そしていつどんな事情を抱えても柔軟に対応できる家にすること、それがバリアフリーの住まいです。といっても特別な住宅というわけではありません。いつもこのことを心がけて設計をしていますが、一見すると何がバリアフリーなのかわからないかもしれません。突き詰めるとバリアフリーとは、必要なところにスペースを確保すること。段差の解消方法を用意しておくこと。この2点につきるのです。

家は住む人の個性や感受性、こんなふうに暮らしたいという想いを形にしたものです。家族の形は多様化して、家へのこだわりや求めるものも本当に様々です。話し合いを重ねることで、建て主さんの胸にあるたくさんの想いを引き出し、丹念に形にしていくこと-それが設計者の役割です。住む人と設計者とが十分に理解しあい、心を通いあわせることがなにより大事なことだと思っています。

社名 株式会社ゆま空間設計
一級建築士事務所 千葉県知事登録第1-1703-5679号
設立年月日

1992年   加瀬澤建築設計室開設。
2002年2月 株式会社ゆま空間設計に改称

所在地 千葉市若葉区みつわ台5-4-14
業務内容
  • 新築・増改築工事の設計監理、
  • 住宅の耐震診断、バリアフリー相談、
  • 大規模建築物の定期報告、
  • その他建築に係る各種ご相談

代表 一級建築士 加瀬澤 文芳

1952年 静岡県生まれ。
1975年 千葉大学工学部建築学科卒業後、千葉県庁へ入庁。
1988年 (株)SD建築設計事務所入所。
1992年 加瀬澤建築設計室開設。
2002年 株式会社ゆま空間設計に改称。

株式会社ゆま空間設計

千葉市木造住宅耐震診断士
「住まいと福祉の会」会員
千葉市障害者福祉センター住宅相談員
社会医学技術学院非常勤講師
千葉県立保健医療大学非常勤講師
新建築家技術者集団
千葉県建築士会
日本民家再生協会

1995年 千葉県建築文化賞受賞 「K邸」
2005年 住総研ハウスアダプテーションコンクール 優秀賞受賞 「宮崎町の家」  佳作 受賞 「塩田町の家」
2007年 千葉県建築文化奨励賞受賞 「鴨川の古民家再生」
2018年 千葉県建築文化賞受賞「菅澤武兵衛邸」

メディア・雑誌等の活動履歴

「住宅建築」 1997.7 特集 老いてなお、元気に住まう 事例紹介 建築資料研究社
「CONFORT」 1998.冬 NO31 高齢者住宅 自由自在6 建築資料研究社
「CONFORT」 1998.春 NO32 高齢者住宅 自由自在7 建築資料研究社
「ニューハウス」 2000.5~12 連載 Q&A家づくり基礎講座バリアフリー ニューハウス出版
日経バリアフリーガイドブック」 2000年版 住宅事例掲載 日経事業出版社
「老後を楽しく暮らす家」 2001.3 初版 著者 山本ふみこ 建築資料研究社
「家づくりの王道」 2003.6 初版 成功へのカギと信頼できる建築家たち 建築ジャーナル編
「CONFORT」 2004.2 障害とともに暮らすためのリフォーム 建築資料研究社
「自分らしく住むためのバリアフリー」 2006.9 住宅総合研究財団編 事例掲載 岩波書店
「千葉の建築家とつくる家」 2011.9 南房総の家 建築ジャーナル
「建築知識」 2013.11 徹底解説 高齢住宅 エクスナレッジ
「リノベーションジャーナル」 2016.3 「[終の棲家]高齢化対応計画セオリー」他 新建新聞社
「千葉県の建築家とつくる家②」 2017.12 自分の山の木で古民家再生 建築ジャーナル
「民家」 2019.4 裏山のスギの大木を製材し築130年の民家を再生 日本民家再生協会

 

お問い合わせはこちら
(外部の公式サイトへ移動します。)