岡村泰之建築設計事務所

設計事務所

家づくりの考え方

「住宅をつくる」ということ。
それは究極的にはクライアントが住まいに対して持っているイメージを思い通りに具体的に建築にしていく事だと考えています。

敷地条件と諸々の設計条件をクリアして、クライアントの思いを具体的なイメージとして提示し、その場所でしかありえないかけがえのない豊かな空間をつくりだすことが私の仕事だと思っています。

メッセージ

これまでの建築業界には業務内容から見積り金額までブラックボックスが多すぎます。

全ての内容をできるだけ透明にして、「適正な」価格で、しかも性能も空間的な質も、より良い住宅をつくります。

 

代表者プロフィール

岡村泰之建築設計事務所

岡村泰之
一級建築士事務所 岡村泰之建築設計事務所主宰

経歴
  • 1960年:鳥取の片田舎のおもちゃ屋の2階で産声を上げる 考古学者、あるいはロケット開発技術者になることを夢見ながら18歳まで文字通り「のほほん」とした少年時代を送る
  • 1978年:大学進学のため上京
  • 1982年:芝浦工業大学工学部建築工学科卒業
  • 1984年:芝浦工業大学大学院修士課程建設工学専攻修了
  • 1984年: 理論派前衛建築家で知られる藤井博巳建築研究室入所
  • 1986年:3人のボスが三人三様のデザインをするSKM設計計画事務所入所
  • 1988年:友人と3人で第四建築設計社 一級建築士事務所設立
  • 1995 ~2001年:東京テクニカルカレッジ非常勤講師
  • 2000年:一級建築士事務所 岡村泰之建築設計事務所に改称
  • 2010 ~2015年:芝浦工業大学非常勤講師 大阪花の博覧会「山のエリア」基本計画に参加等、 都市計画から住宅の設計まで幅広い設計活動を展開 「快住計画」という戸建コーポラティブプロジェクトを展開中 現在に至る
受賞暦
  • MCH住空間研究所主催「HOUSE OF CUP ‘88女のための家」に佳作入選(審査員:ピーター・ウィルソン/1988年)
  • 第26回INAXデザインコンテスト部門賞(キッチン・居住空間)「RU-HOUSE 1」natures(審査員:会田雄亮、中村好文、木下庸子/2005年)
  • 第9回都市住宅プロポーザルコンペ入選(審査員:古谷誠章/2005年)
著書
  • 「ちくわハウス」(出版社:ラトルズ/2007年)
  • 「増補 建築バカボンド」(出版社:イースト・プレス/2012年)
  • 「図解でわかる最高に楽しい住宅デザイン」(出版社:エクスナレッジ/2013年)

 

事務所概要

事務所名 一級建築士事務所 岡村泰之建築設計事務所
住所 〒154-0021 東京都世田谷区豪徳寺1-1-5

 

お問い合わせはこちら
(外部の公式サイトへ移動します。)