廣部剛司建築研究所

設計事務所

個人住宅や別荘などを手掛けております。

建築は「音楽」のように

昔から趣味で音楽をやっていることもあって、曲をつくるように建築を設計しています。そういうと不思議なことに感じるかも知れませんが、私にとっては「建築」は音楽に似ている、と感じたところがこの道に進んだきっかけだったので自然なことなのです。
建築は建つ場所(地球)にしっかりと腰を据えていますが、地球そのものが動いてくれることで、1日の中でも様々な光が刻々と差し込み、季節によってもそれは変化していきます。建築の中に佇み、地球の動きを感じていられるということは、そこで過ごす人に「自分自身は地球の一部なのだ」と語りかけてくれます。尊厳を持って人がその空間に身を置くために、そういった感覚が持てるということが、とても大切なことなのではないかと感じています。
時間の推移と共に動くという意味では、人がその空間の中を「動く」時にも、音楽が生まれていきます。流れゆく時間の中で推移して、その瞬間に消えていくことが音楽の儚く美しいところです。スケッチを重ねながら、建築を体験する流れ(シークエンス)に音楽的な構成を持ち込んでいます。それは空間体験を曲の記憶のように刻んでいくことでもあります。
また、音色を紡ぐということと、どんな素材を使うのかということも深く結びついています。それは寸法やプロポーションなどだけではコントロールできない空気感を支えています。
美しい音楽を聴いていて「心が動く」瞬間があります。そのとき、あまり言葉で説明できないような感情の動きが生まれる。できることならそんな建築をつくりたいといつも思っています。

会社名 株式会社 廣部剛司建築研究所
設立 2009.4.1 ※廣部剛司建築設計室 (1999年設立)より法人成り
代表取締役 廣部剛司
所在地 〒213-0004 神奈川県 川崎市高津区 諏訪1-13-2 広佐ビル3F

業務内容:

  • 建築に関する企画、計画、設計、監理およびコンサルティング
  • 都市計画、都市開発に関する調査、研究、企画、設計
  • インテリアデザインに関する企画、設計、監理およびコンサルティング
  • プロダクトデザインに関する企画、設計、監理およびコンサルティング
  • 建築研究のための調査
  • 全各号に付帯する一切の業務

主要な設計経験建築物(芦原建築設計研究所での実務も含む)
:個人住宅、別荘、クリニック、商業施設、博物館、音楽ホール
事務所ビル、美術館、セミナーハウス、集合住宅など

Profile

廣部 剛司(ひろべ たけし)

代表取締役
一級建築士

日本建築家協会(JIA) 登録建築家
日本建築学会正会員
建築家フォーラム 会員

廣部剛司

経歴

1968年   :  神奈川県出身
1991年   :  日本大学 理工学部 海洋建築工学科 卒業
1991~98年 :   芦原建築設計研究所           ( 主要経験作品

1998年   :  建築を巡る8ヶ月の旅

1999年   :  廣部剛司建築設計室 設立
2009年   :  株式会社 廣部剛司建築研究所 に改組

教職

2005年~2017年 日本大学 理工学部 海洋建築工学科 非常勤講師
2006年~     明治大学 理工学部 建築学科 兼任講師
2019年〜     日本大学 理工学部 建築学科 非常勤講師

著書


Sideway
サイドウェイ 建築への旅


Sideway
サイドウェイ 建築への旅
(台湾版)


日本の住宅をデザインする方法2
(共著)

 

お問い合わせはこちら
(外部の公式サイトへ移動します。)